心の原っぱワークショップ@京都2014


6月15日(日)午後1時半~4時 ひとまち交流館京都にて
いのちとこころのお話&インナーチャイルドワークショップ開催します


2014年は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。



6月15日ワークショップ開催にあたって・・・・・・

昨年「きよ子の絵本の絵展」と、子どもの心を育てる講演会を京都地区で開催しました。
2年目に開催するにあたって新たな取り組みをしようということで今回のワークショップを企画しました。



去年はセラピスト活動の現場から「心傷つく場面が起きる前になにかできないか」という淡路紀世子さんの思いから
児童憲章を子どもにもわかる言葉で伝える絵本展と子どもの心を育てる講演会が始まって・・
そのお手伝いしようと京都開催に手を挙げました。


そこで出会った人たち、立ち会った場面、感想の言葉・・
そんないろんな「こころ」に触れたことでわたしの中でもどうしても伝えたいものがふくらんでいきました。
それがわたしの命のお話です。



わたしの両親はもうこの世にはいません。

母はわたしが11歳の時に自ら命を絶ちました。
父は2年前に長い闘病ののち静かに息を引き取りました。

二人の最期は真逆でした。
真逆の、ふたつの死はわたしにとって両親が生涯をかけて教えてくれた命の授業となりました。
死を知って、やっと生を知りました。
誰かのためでなくじぶんのために自分の人生を生きたいと心から思いました。

誰かのために・・という言葉は美しく響くかもしれません。
でもそれは間違いです。
自分をもっともっと大切にして生きていいのです。


死ぬこと
生きること
そして自分を大切にすること


今一番伝えたい命のお話をお伝えします。






ワークショッププログラム

 
☆ きよこの心のお話

自分の心、育てよう

*心ってどんなもの
*自分の心育てよう
*心も大切

淡路紀世子

 ☆ ひろえの命のお話

いのちを遣って生きる

*母の死と自殺遺児の思い
*父の死と看取りの時間
*人生を取り戻す

やまぐちひろえ


☆ きよこの
インナーチャイルドワークショップ

自分の心に会ってみよう

*インナーチャイルドセラピーを
体験してみましょう

 心の原っぱワークショップ


 



 日時 6月15日(日) 午後1時半~4時
  2014年は終了しました
 場所  ひとまち交流館京都 1F 第1会議室 (河原町五条南へ)
 
  *市バス「河原町正面」下車すぐ
  *地下鉄烏丸線「五条」下車徒歩10分
 定員  定員15名 (★予約制)
 料金  おひとり 1500円 
 プログラム 1 ひろえのいのちのお話
2 きよこの心のお話
3 きよこのインナーチャイルドワークショップ
   *****
4 座談会(自由参加)
お申込み
受付中
 
京都こころ屋なないろあそび 山口ひろえまでメールでお申込みください。

メール info@nanairoasobi.com

*お名前・参加人数・電話番号を添えてお申込みください



その他お問い合わせは 電話  090-1132-9109

講師プロフィール
淡路紀世子 
 

1959年東京生まれ 東京暮らし25年、子育てを自然の多い中でしたいと考え八ヶ岳の森暮らし25年。現在は沖縄県在住。セラピスト。

国内・海外で活動。
1万人を超える心の傷に取り組む。子ども時代の心の傷に注目。それらが大人になった時、心・身体にも影響を及ぼすことを伝える講演を全国展開中。自分ひとりで取り組めるワークブック、「淡路紀世子のインナーチャイルドヒーリング」書籍発売中。

八ヶ岳セラピールームホームページ
 講師プロフィール
山口祐恵
 

1968年大阪生まれの奈良育ち。現在は京都市在住。セラピスト

自ら命を絶った母。最期まで命を燃やし尽くして生きた父。対極の死を看取った体験を通して「命の遣いかた」を知る。自分を大切にするとはどういうことか、本当の意味での生きるとは何か。両親から受け取った命の授業を伝えていくために活動中。


京都こころ屋なないろあそびホームページ









同時開催 「おとながきめたやくそく」 絵本原画展

6月13日(金)・14日(土)・15日(日) 9時~18時(最終日は16時まで)

2014年は終了しました

ひとまち交流館1F ギャラリー

入場無料

昭和26年に国の定めた児童憲章を淡路紀世子さんが子どもにもわかる言葉で表現した絵本です
この「おとながきめたやくそく」を子どもが知る
そしておとなも見直す
家族の基本となるこの約束に心を動かされる大人が増えています
京都では昨年に続き2回目の開催となります







なないろあそびTOPへ戻る